ミレニアム婚活レポ!(vol.-11)

 
気がつけばここ数ヶ月、企画モノをすっかり放置しちゃってるよーな

お久しぶりに入力トレーニングしてみますぅ♪
(あんまり書くネタがないとも言う。。。


以前の記事 (⇒ 発掘!。。。12年前の。。。)で、たまたまダンナに発見されてしまった、
西暦2000年当時の婚活 (当時はこんな言葉なかったけど) レポート。
そのレポートを、ただただそのまんま記事にする。。。とゆー超手抜き企画でございます



今回は。。。 今となっては懐かしい、合コン レポートでございます。
そーいえば、飲み会なんて。。。 10年以上行ってないなぁ~~~

いつもながらの長文ですので。。。

おヒマな方はどうぞ。。。(※当時発行していたメールマガジン形式のままです※)
 ↓ ↓ ↓ 
==========================================================
このメールマガジンは、三十路を超えた独身派遣OLである発行人が、
ミレニアムを記念して、けっこー本気で運命のダーリンを探すという
アテのない計画を、リアルタイムでレポートするものであります。
レポートネタのない時は、グチを掲載することになるかもしれません…。
==========================================================


**********************************************************
運命のダーリンってどこにいるの?? ~さすらいの派遣OLレポート~
**********************************************************

vol.-11 (2000.6. 5)

前回で浮上してきた、合コンネタ第1弾!だったのですが、またしてもとゆーか
例によってとゆーか。。。 運命の出会いはありませんでした…(無念)。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+
大人数合コンの幹事は2度とやらないと誓う ~
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+


今回の合コンは、当初の予定では5対5だったのだが、1名追加の連絡が入り、
6対6の大所帯とゆーコトになった。

これが吉と出るのか凶と出るのか。。。 微妙なところである。

お相手の男子組は、パーティーで1度会ったきりの、ムラキくん&その仲間たち。
ムラキくんともう1人、同じパーティーに来ていたカンザキくん(仮名・30歳)
の2人にしても、ほとんど初対面のよーなモノだ。

迎え撃つ女子組はとゆーと、元会社の同僚アキヨ&ナツミと、アキヨに召集して
もらった20代GAL2名。そして1名追加で急きょ来てもらった32歳GAL。

成り行き上、不肖コフジが幹事のよーな立場である。しかし総勢12名ともなる
と、仕切らなくっちゃ!とゆー使命感など、すっかり萎えてくる。

だいたい合コンで仕切り役になったりすると、ロクなこたぁないのだ。気を使う
だけ使って、オイシイ結果はほとんど巡ってこない。(過去の苦い経験)

まぁ12名なんて、どー考えてもまとまりよーもないから、今回は無責任に徹し
て、放っておくコトに決めた。

そして合コン当日。
なんと、ナツミが体調不良のため、急に来れなくなってしまった。

こ、これは非常にマズイ。。。 とゆーのも、メンバー集めをしてくれたムラキ
くんは、パーティーの時にナツミのコトをちょっと気に入っていたのだ。

だからムラキくん的には、今回の合コンのメインは、ナツミだったのである。
うぅ~~、言いにくいけど仕方がない。

集合したとたん、ムラキくんをつかまえて、平謝りした。

コフジ 「ゴメンナサ~イ! さっきナツミから、なんか体調悪くて無理だって
     連絡入って~。」

ムラキ 「。。。 そーなんやぁ。」 (ショックを隠しきれないムラキくん)

コフジ 「ホントにゴメンね~。 会いたかったんでしょー?」
ムラキ 「う~ん、まぁ残念やけど。。。」
コフジ 「なんならまた、ナツミ入りでセッティングするし~。」

などと、ついついフォローしたものの、同じお相手と再び合コンするかとゆーと、
かなりアヤシイ。

ムラキくんがナツミと再会する可能性は、実際ほとんどゼロかもしれない。
口先だけの私を許してムラキくん。。。。。。

と、ちょっぴり罪悪感を抱きつつ、総勢11名の合コンが始まった。

男子同士女子同士も初対面メンバーが多いため、なんだかギクシャクした雰囲気
である。しかも、どうやら男子組には仕切り屋タイプがいない模様。。。

ってコトは、とーぜん一応幹事・コフジにプレッシャーがかかってくるのだった。

座席を男女交互にしてみたり、自己紹介の司会進行をしてみたりしているうちに、
ようやくお酒も回ってきて、みんなそれぞれ盛り上がってきたよーである。

そして一応幹事の私はとゆーと、この時点でぐったり疲れ果てていたのだった。
(だから仕切り役なんて嫌なのさ。。。)

見るとアキヨの周辺では、すでに日本酒を飲み始めている。今回はかなり飲める
メンバーが揃っているようで、アキヨもけっこーゴキゲンそーであった。

こっち周辺は、男子3名と20代GALの1人・クガちゃん(25歳・仮名)で
ある。女子組の年齢が不詳だったため、またまた話題が年齢当てになる。

驚いたのは、25歳のクガちゃんまで、自分の年齢を言いたがらないコトだった。

もし私が今25歳だったら、「25歳なんですぅ~♪」と、声をめちゃめちゃ大に
して発表しちゃうのに、女ゴコロって複雑なのね。。。
(でもたしかに実際25歳の時は言いたくなかった。)

私の年齢をほぼ探り当てたタテノくん(29歳・仮名)が、ビールですっかり
ご陽気になった私を見て、

「なんか、噛めば噛むほど味が出るタイプちゃいますー?」 (すでに敬語…)
などと言い出した。この表現、評価としてはビミョーなところである。

タテノ 「オレの周り、けっこーイイ人残ってますよ。」
コフジ 「ホント~? で、なになに? 紹介してくれるん?」
タテノ 「いいっスよ~。」

仮にも合コンの席で、この会話。

私もタテノくんに対して特別な感情は湧かないが、タテノくんの真意がよく
わからない。単に面倒見がイイのか、私がよっぽど苦境に立たされてるよーに
見えたのか、ヘンなおねーさんだと気に入ってくれたのか。。。

しかしまぁ、最終的に収穫があれば、それでイイのだ。

ところでアキヨの方はとゆーと、隣の席のカンザキくんと、いいペースで
日本酒が進んでいたよーだ。

最初はどーなるコトかと危ぶまれた合コンだが、なかなかの盛り上がりで
お開きまでなだれ込んだ。一応幹事としては、ひと安心である。

****************

次の日(昨日)ムラキくんから電話があった。
タテノくんが連絡を取りたがってるとゆーコトなので、携帯の番号を教えて
もらった。これはたぶん、例の紹介話の件だろう(と思う)。

そしてそしてー!!

カンザキくんが『またアキヨさんと飲みに行きたい』 とか言ってるらしく、
私がアキヨにカンザキくんの番号を教えて、その気があったら連絡する、
とゆーコトになった。

これは、ひょっとするとひょっとするかも知れない。(ヤバイ。。。。。。)

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

今後の展開は、まだまだ予断を許さない状況でございます。
合コンネタ第2弾!も、そろそろ日程を決めないと。。。 あぁ~忙しい。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+
アキヨとカンザキくんの行方が気になりつつ。。。次回につづく。
==========================================================

**********************************************************
   ★ ☆ ★  出 会 い が な け れ ば 始 ま ら な い  ★ ☆ ★
**********************************************************

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 ランキング参加中
▼ ポチッとお願いしまーす ▼
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
  プロフィール 

Author:小藤
    
◆関西在住◆更年期ハハ◆
◇長男O太/中3◇
◇二男K太/中2◇

◆好きだぁーー!!◆
◇Superfly◇
◇SEKAI NO OWARI◇
◇佐藤健くん◇
◇ラブ★コン◇
◇スラムダンク◇
◇イナズマイレブン◇

 最近の記事 
 FC2カウンター 
 最新コメント 
 カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 カテゴリ 
 おヒマつぶしに…♪ 
 リンク 
 おススメ☆コミック
 お気に入りの本☆ 
 月別アーカイブ 
 QRコード 
QR