イナズマイレブン◆第8話◆恐怖のサッカーサイボーグ!(2/2)

 
イナズマイレブン・自己満企画!! いったい何ヶ月ぶりなんでしょ…エヘヘ♪

でも久しぶりにDVD観たら、やっぱり好きだわぁ~
第8話。 御影専農戦・後半。。。 何回見ても感動してしまうワタシ

◆第8話◆恐怖のサッカーサイボーグ!(2/2)


0-1で前半終了。 意気消沈するベンチのメンバー。。。

夏未 「大丈夫よ。彼らは稲光修練場での特訓で、ひと回り大きく成長したのだから。」
秋  「あの~、あそこではサッカーの特訓は出来なかったんですけど…。」

おぉ! 秋が夏未に対してまだ敬語使ってる。 ちょっと新鮮かもー♪

ロッカールームに向かう通路で、御影専農・杉森に抗議する円堂くん。

円堂 「なんで攻撃しないんだよ! あれじゃサッカーにならないだろ。」
杉森 「それが監督命令だ。」
    リスクを犯さず、タイムアップを待つ。」


杉森は、データは全て把握しているため、すでに雷門中の負けは
決まっていると言い切る。

円堂 「そんなの、わかるもんか。
    勝利の女神は、勝利を強く信じる方に微笑むんだ!」

008-01-円杉

この辺から、どんどん熱くなる円堂くんと、杉森とのやりとりを見てると、

杉森って。。。 監督やデータに忠実なだけで、悪いヤツじゃないやん!
てゆーか、むしろナイスキャラやん!って気持ちになってきて。。。

じょじょ~に杉森にも感情移入させられてしまうんですよね~、まんまと。

円堂 「データデータって…、そんなサッカーやってて楽しいのか?!」
杉森 「…楽しい…?」

円堂 「そうさ! サッカーは楽しいモノだろ?
    仲間とボールを通して通じ合う、素晴らしいモノだ!」

杉森 「…素晴らしい…? 君の意見は、理解不能だ。」

円堂 「不能? それはこっちのセリフだ!
    見てろ! お前たちにもう一度、本当のサッカーを思い出させてやる!」


出ました~! 円堂くんの決めゼリフ♪

後半スタート後も、全く攻撃せずに守りに徹する御影専農。。。

ここで影山が、御影専農の監督・富田に、勝利を確実にするために
雷門の選手をつぶせ!と指示を出す。

影山に操られて、逆らえない富田は、選手に命令するも、

キャプテン・杉森は、プログラムにはラフプレーはインプットされて
いないと反論し、実行はできないと突っぱねる。

ほらほらほら~、お堅いだけで誠実ないいヤツなのよね~~ 杉森。

そんな時、攻撃してこない御影専農についにキレた円堂くんが、
自陣ゴールから飛び出して、相手ゴールに向かって走り出す!

円堂くんの突然の奇襲に驚く杉森は、困惑しながらもセーブ。

円堂 「くっそぉ~!」 くやしがる円堂くん。
杉森 「なぜお前が、攻撃に参加する?!」

円堂 「点を取るために決まってるだろ! それがサッカーだ!」
008-02-円杉
染岡さんが 「円堂~! 早く戻れ~!」 って怒ってるのが笑える~♪

「久しぶりのシュート、楽しかったぜ♪」 と、ご機嫌でゴールへ戻る円堂くん。

そんな円堂くんを見ていた杉森の心に、ついに変化が…!!
(ホント素直で真っ直ぐな人間なのよね、杉森。。。)

守りに徹するのをやめ、チームメイト達に攻撃の指示を出して、
停滞していたゲームは一気に動き出す。

稲光修練場での特訓で、身体能力が格段にアップした雷門のメンバーが、
今までにない動きを見せ始め、白熱した試合展開に。。。

そして、御影専農の攻撃をなんとかしのいだ円堂くんが、再び攻撃参加!

円堂 「豪炎寺、こっちだ!」 と豪炎寺に指示。
突然呼ばれて「円堂、何をするつもりだ?!」 とまどう豪炎寺

円堂 「止まるな! シュートだ!」 豪炎寺 「なに?!」 円堂 「俺を、信じろ!」

御影専農・下鶴が放った必殺技・パトリオットシュートを2人で蹴り返した
逆襲シュートは、ものすごい勢いで、杉森が守るゴールへ一直線!!

すごいわ~、2人の息の合い方。円堂 「いくぜ~!」 豪炎寺 「おう!」
いきなり言われて、すんなり 「おう!」 って対応できる豪炎寺、天才っスねーw

008-03-円豪杉
(イナズマ1号の出来あがり~♪)

杉森 「なにっ! この数値は…、われわれが知るデータをはるかに超えている!
    ありえない!! ありえるか~!!」


とキャッチしよーとするも、ゴール!! ついに同点!!!

こんなすごい技が成功したのも、全員の身体能力が飛躍的に向上したおかげ。
喜ぶベンチ。

夏未 「フフッ。稲光修練場を提供したのは、無駄じゃなかったようね。」

レベルアップした豪炎寺・染岡さんのドラゴントルネードで、さらに1点追加。

逆転されてパニックになり、壊れちゃった御影専農の監督・富田が、
選手と通信していた回線を切断してしまう。。。
008-04-御影

このまま負けてしまうのか、と感じた杉森。。。 円堂くんの言葉を思い出し。。。

杉森 「俺は! 負けたくないっ!!」 ついにデータサッカーからの脱却。

ビックリする御影専農メンバー。「キャ、キャプテン!」
杉森 「みんなも同じだろ! …最後まで、戦うんだっ!」

メンバーたちは、監督との通信機をはずして、本気でプレーし始める。

杉森 「最後の1秒まで、あきらめるなー!!」

いつもワタシ、ここで胸がキュ~ンのウルウル状態でございますわ

これぞサッカー、といった熱い試合展開に。。。 円堂くん、
「へへっ! 面白くなって来たぜっ!」 (この不敵な笑顔がカワイイ~
008-05-円鬼
そして、われらが鬼道くんも。。。 「…フフッ。」 ニヤけております♪

ダメ押しの1点を取ろうと、豪炎寺が放ったファイアトルネードを、
御影専農・下鶴が身体を張って阻止! 2人とも落下しちゃう~! イヤぁ~~
008-06-豪下
(落下中でも、イケメン死守してる豪炎寺ってスゴイ↑↑)

下鶴は倒れながらも、杉森にヘディングでボールを戻す。。。

そんな姿を見た杉森は、 いてもたってもいられなくなって。。。
ゴールから飛び出し、ドリブルで走り出すという、大きな賭けに!!

熱いです、杉森。 気迫が伝わってきます。
008-07-円下
それを見て、うれしそーな円堂くん。

雷門ディフェンスを何人もかわして、ゴールへと突進する杉森。

円堂 「。。。来い!」 杉森 「いくぞ! 円堂~!!」

ゴッドハンドで止めた円堂くん。。。 ここでホイッスル、試合終了。

008-08-ベンチ鬼

豪炎寺との接触で、倒れたままの下鶴にかけ寄る御影専農メンバー。

杉森 「。。。負けたな。」
下鶴 「ああ…、でも楽しかった。こんなサッカーもあるんだな。」
杉森 「…キーパーがシュートするサッカー、か。フッ」

データでがんじがらめのサッカーから、自分たちを解放して、
清々しい表情の御影専農の選手たち。。。

008-09-集合

そこへ円堂くんと雷門のメンバーもやってきて。。。

円堂 「杉森! また、サッカーやろうな! サッカー!」
杉森 「ああ、また!」 円堂 「またな!」

握手。。。 ええわぁ~~ 円堂くんの、一点の曇りもない真っ直ぐさ

「バカだ…、やっぱりヤツは大バカだ。」
満足そーに去っていく鬼道くん
008-10-鬼集合

一方、雷門中メンバーは。。。

豪炎寺がさっきの下鶴との接触プレーで、足を骨折、ドクターストップで
準決勝は出場できないコトに~~!! ピ~ンチ!!?

今日の格言

 勝利を強く信じる者に 勝利の女神は微笑むんだ! <円堂 守> 


第9話に続く。。。 (ホントに??)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

 ランキング参加中
▼ ポチッとお願いしまーす ▼
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
  プロフィール 

Author:小藤
    
◆関西在住◆更年期ハハ◆
◇長男O太/中3◇
◇二男K太/中2◇

◆好きだぁーー!!◆
◇Superfly◇
◇SEKAI NO OWARI◇
◇佐藤健くん◇
◇ラブ★コン◇
◇スラムダンク◇
◇イナズマイレブン◇

 最近の記事 
 FC2カウンター 
 最新コメント 
 カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 カテゴリ 
 おヒマつぶしに…♪ 
 リンク 
 おススメ☆コミック
 お気に入りの本☆ 
 月別アーカイブ 
 QRコード 
QR